琉球海炎祭のみどころ

きいやま商店応援団長就任 沖縄ご当地バーチャルタレント根間ういPR大使就任


石垣島出身の従兄弟・兄弟で結成されたエンタメバンド「きいやま商店」が応援団長として、
琉球海炎祭2022を盛り上げます。
2020年に発表した楽曲「この歌届け」を応援歌にして、
琉球海炎祭に関わる全ての方を応援します。
現在、きいやま商店のサイン入りグッズ、きいやま商店と一緒に花火鑑賞ができる権利、
きいやま商店のPV『この歌届け 琉球海炎祭 ver.』に参加できる権利を
返礼品としたクラウドファンディングを募集中!!
ご支援のほど、よろしくお願いします。

琉球海炎祭クラウドファンディング 
https://camp-fire.jp/projects/view/586921

きいやま商店 メッセージ 
https://youtu.be/YQM0i6s4F58

きいやま商店 応援ソング 
https://youtu.be/XopYEwO_P40


沖縄ご当地バーチャルタレント根間ういPR大使就任

「沖縄バーチャルタレント 根間うい」がPR大使として、
琉球海炎祭2022を盛り上げます。
イベント当日、根間ういのyoutubeチャンネルで、琉球海炎祭のライブ配信を予定。

根間うい メッセージ 
https://youtu.be/gwGmt1OH5wA



日本が誇る伝統芸能「花火」、
沖縄の持つ「自然・文化」の
一大コラボレーション

「日本で一番早く感動する夏へ」をテーマに、毎年4月に開催しておりましたが、
2022年は、7月3日に19回目となる開催を迎えます。

日本の夏の風物詩である花火と沖縄音楽・文化の融合による
オリジナリティに溢れた沖縄最大の一大エンターテインメントとして、
また、花火イリュージョンの日本有数の規模を誇ります。

2022年は沖縄本土復帰50年、宜野湾市制60周年となる節目の年です。
様々な問題を抱える社会情勢の中、下を向きたくなること日々が続きますが、
琉球海炎祭の花火で沖縄の夜空を照らすことで沖縄県の観光産業、
そして、観光産業から波及し、沖縄県全体の再活性化を後押しする
狼煙としたいと思っております。

DESIGN HANABI

コシノジュンコ氏プロデュースの
「デザイン花火」

文化功労者2017にも選出された世界的デザイナー
コシノジュンコ氏が手がけるデザイン花火は2010年から始まり、
毎年内容を新たにし、2022年に13回目を実施いたします。
コシノジュンコ氏が花火デッサンを描き、2016年と2019年に
マカオ国際花火コンテストで世界一に輝いた丸玉屋小勝煙火店と、
グラデーション花火の魔術師と言われる花火会社マルゴーの
花火師が花火を製作。その花火玉を音楽に合わせて
コンピューターでプログラミングし、夜空に打ち上げます。

コシノジュンコ氏 デザイン風景

琉球海炎祭2020のデッサン映像、ご覧ください。楽曲は、後日発表します。

TECHNOLOGY

最新のテクノロジーを導入した
21世紀のエンターテイメント

スターマイン等の花火を含め約1時間の構成とし、すべての花火の打ち上げを専用の点火コンピューターが制御します。これによって音楽や演出意図にあわせて、予めどのタイミングでどの場所から花火を打ち上げるかを30分の1秒という精度でコントロールする事が可能になりました。
そのため、従来の花火大会では考えられなかった、音楽の音符ひとつひとつに花火の種類を割り振ったり、シーケンスにあわせて花火が会場を駆けめぐるなど緻密でダイナミックなショ-を展開できるようになりました。

実施概要
タイトル JAL PRESENTS 第19回 琉球海炎祭2022(宜野湾市制60周年記念事業)
開催日程 2022年7月3日(日) 開場 16:30(予定) / 開演 20:00(予定)
※雨天決行、強風、強雨などの荒天の時は中止。
開催会場 ぎのわん海浜公園(宜野湾トロピカルビーチ)
〒901-2224 宜野湾市真志喜4丁目2番1号
主催 琉球海炎祭実行委員会
共催 宜野湾市
後援 沖縄県、(一財)沖縄観光コンベンションビューロー、(一社)宜野湾市観光振興協会、
宜野湾市商工会、宜野湾市社交飲食業協会、沖縄県ホテル旅館生活衛生同業組合
特別協賛 日本航空(株)
協賛 日本トランスオーシャン航空(株)
事前
お問合わせ
こちらからお問い合わせ下さい

※内容は一部予定を含みます。

PAGE TOP

2022.07.03(Sun)

場所
宜野湾海浜公園
(宜野湾トロピカルビーチ)
開場
16時30分
開演
20時

※雨天決行。強風・強雨などの荒天時は中止。